杉本博司【Architecture】

杉本博司(Hiroshi Sugimoto 1948年 - )東京出身。日本を代表する写真家であり芸術家。現在は、東京及びニューヨークを拠点に活動。立教大学経済学部を卒業の後、1970年にアートセンター・カレッジ・オブ・デザイン(ロサンゼルス)にて、写真を学ぶ。その後、アシスタントを経て1975年に自身のスタジオを構え、1976年にニューヨーク近代美術館(MoMA)写真部門へ、最初のシリーズ「ジオラマ」の一枚を持ち込み、評価を得る。ニューヨーク州やグッゲンハイムの奨学金を得て、写真制作に没頭した後、生活の為に古美術商ギャラリー「MINGEI」を開業。「ジオラマ」「海景」「劇場」「ポートレート」「蝋人形」「陰翳礼讃」「建築」など多くの写真集を刊行。2009年には高松宮殿下記念世界文化賞を受賞。2013年にはフランス芸術文化勲章オフィシエを受章している。

1997年に、「建築を通して、私たちの時代の始まりを辿る」としてモダニズム建築の重要な作品の写真シリーズを撮り始めました。杉本作品の特徴の一つとして、技術の習熟が挙げられます。8×10のビュー・カメラだけで撮影し、ゼラチン・シルバープリントは、色調範囲、粒子、十分なデティールと全体的な光学精度で有名です。しかし、「Architecture」では、通常のプロセスに反して、古い大判カメラの焦点距離を2倍の最大に押し出し、建築物がぼやけた写真が出来上がることを発見しました。コルビジェのサヴォア邸、ミース・ファン・デル・ローエのシーグラム・ビル、フランク・ゲーリーのグッゲンハイムの写真には、建築モダニズムの言葉が詰まっています。ぼやけと色の欠如のお陰で、私たちは、純粋な形を最初に感じることができます。光と陰が建造物の形を定義するのです。本書には、90枚の写真が掲載され、これまで未発表の19点がさらに収録されています。

出版社:  Damiani
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 160ページ
サイズ:  28.5 x 26 cm
状態:   新品
その他:  図版90点、2019年6月刊行、クロス装丁

販売価格

7,000円(内税)

SOLD OUT



新入荷!