タシタ・ディーン【Writing and Filmography】

タシタ・ディーン(Tacita Dean 1965年 - )イギリス・カンタベリー出身の芸術家。現在は、ドイツ・ベルリンとアメリカ合衆国・カリフォルニア州を拠点に活動を行う。写真、16mmフィルム、ドローイング、サウンド作品を制作。中でも、マリオ・メッツ、マース・カニングハム、ジュリー・メーレトゥ、サイ・トォンブリ-、クレス・オルデンバーグなど過去50年の偉大な芸術家や思想家などをフューチャーした作品は、繊細な美しいフィルム作品として知られる。Falmouth Universityを1988年に卒業後、1990年から1992年にSlade School of Fine ArtsでM.A.を取得。1995年の100周年記念のヴェネチア・ビネンナーレにてヤング・ブリティッシュ・アーティストの一人として展示。1997年にロンドンに移住し、翌年にの1998年にターナー賞にノミネートされる。2001年には、テート・ブリテンにて個展を開催。2011年、第12回ユニリーバ・コミッション・フォー・タービンホールでの展示を開催。2014年には、The Getty Reseach Instituteに加わり、savefilm.orgの創設メンバーとなる。

本書は、2018年春に刊行された書籍になります。存命の芸術家の中でも、重要な一人として挙げられるタシタ・ディーンは、フィルム作品やドローイング作品が特に知られています。アナログな手法に情熱を捧げるアーティストです。この書籍では、彼女の執筆と完全なフィルモグラフィーがまとめられています。
映画、ドローイング、写真、インスタレーションの豊富な図版とエレガントなスリップケースに収められたこの書籍は、2018年にロンドンで開催された3つ展覧会までのキャリアをマッピングし、アーティスト自身が書き下ろした裏話も収録されています。

出版社:  Royal Academy of Arts
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
サイズ:  24 x 14 cm
ページ数: 652ページ
状態:   新品
その他:  2冊組スリップケース入り、カラー図版250点

販売価格

6,400円(内税)

購入数



新入荷!