ペーター・フィッシュリ&ダヴィッド・ヴァイス【Haus】

ペーター・フィッシュリ(Peter Fischli 1952年 - )
ダヴィッド・ヴァイス(David Weiss 1946 - 2012年)
ともにスイスのチューリッヒの出身。同都市在住。1970年代後半、当時チューリッヒのアートシーンにおいて中心的な場であったバーで親交を深め、1979年より二人で活動を開始。ビデオ・インスタレーション・写真などのメディアを用いて、社会や日常を取り巻く問題についてシュールでユーモラスな表現へと変換した作品を制作。日常に溢れたモノや問題は、彼らの作品の主要なツールの一つです。2010年には、ここ日本も金沢21世紀美術館にてアジア初の個展が開催されました。また、2012年にヴァイス氏が他界されたことは、大きなニュースとなりました。

ペーター・フィッシュリとダヴィット・ヴァイスは、日常の建築への関心を高め続け、モダンな商業ビルの1/15のスケールの家のインスタレーションを制作しました。この作品「Haus」(家)は、1987年のドイツ・ミュンスターで開催されたSkulptur Projekteにて最初に展示されました。その後2016年に、アメリカ・ニューヨークのグッゲンハイム美術館とメキシコシティのMusei Humex、2018年には二人の母国スイスのチューリッヒ・エルリコンで、展示されました。そして、2020年、このシリーズを一冊にまとめた本書が刊行されました。237点の図版で、見応えある一冊。

出版社:  Walter Konig
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 276ページ
サイズ:  20.5 x 20.5 cm
状態:   新刊
その他:  図版237点

販売価格

5,500円(内税)

購入数



新入荷!