アントニオ・タピエス【Political Biography】

アントニ・タピエス(Antoni Tapies, 1923年 - 2012年)スペイン・バルセロナ出身の芸術家。20世紀を代表する現代芸術家の一人でもある。幼少期より美術に興味をもち、第二次世界大戦頃にはすでにカタルーニャ州では知られたアーティストであった。1950年代にパリに活動の場を移し、シュルレアリズムの画家としてスタートした。初期の作品は、パウル・クレーやジョアン・ミロに影響を受けシュルレアリスムの画家として活動するが、すぐにタシスムへとその興味は移行した。1953年には、ミクストメディアにて制作を始めています。1950年後半には、国際的に評価されていた。1950年の終わりから1960年代にかけては、スペインのアンフォルメルのアーティストたちと製作。1970年には、ポップ・アートからの影響を受け絵画の中に実質的なオブジェクトを取り入れた。後に彼の作品は、抽象表現主義(アルテ・ポーヴェラのスタイル)とタシスムの両方に位置づけられている。1990年、高松宮殿下記念世界文化賞受賞。バルセロナには、Fundacio Antoni Tapies (タピエス美術館)がある。

絵画と彫刻の中間を占めるユニークな作品で知られるアントニ・タピエスは、アルテ・ポーヴェラの物質的な語彙と抽象性を持つ表現主義のエネルギッシュなジェスチャーとイベリアカトリックの神秘的な感性を作品へ融合しました。タピエスは、質素な口当たりと政治的な環境を反映した型破りな素材を用いてきました。そして、フランシスコ・フランコの独裁政権下のバルセロナで30年間、制作し亡くなりました。その当時、独創的な芸術家タピエスは、権威主義的かつ反知的体制下で多くのパラドクスに直面していました。絵画、彫刻、執筆、その他の媒体において、彼の作品は西側の現代美術の流れと対話しながら、抑圧的な国家の狭窄の中に存在していたのです。本書「Political Biography」(政治的伝記)は、タピエスの過ごしたカタルーニャ州の状況に対するアーティストの活動を、彼のキャリア全体の作品と並行して、まとめた一冊です。タピエスの手紙、マニフェスト、資料など、カラー図版121点、白黒図版104点で掲載、さらに作品の分脈や比較年表を論じているアーティスト、キュレータ、批評家によるテキストも含まれています。

出版社:  Walter Konig
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 320ページ
サイズ:  34 x 20 cm
状態:   新刊
その他: カラー図版121点、白黒図版104点

販売価格

5,200円(内税)

購入数



新入荷!