• banner
  • ロバート・フランク【London/Wales】

    ロバート・フランク (Robert Frank 1924年 - 2019年) スイス・チューリヒ出身の写真家、ドキュメンタリー映画製作者。1947年にアメリカ合衆国へ渡りバイナショナルとなる。現代を代表する写真家の一人でもある。1958年に刊行された代表作「The Americans」は、当時のアメリカ社会を第三者の目線で捉えた新鮮でニュアンスある見方が評され、現代のトックビルとされた。また、従来の写真美学とは違った映画的なシークエンスによる見せ方は、ドキュメンタリー写真の新たな可能性を見出した。
    1947年のアメリカ合衆国へ移住後、ハーパース・バザーなどのコマーシャル写真(ファッション写真)にて働く。その後、欧州を中心に様々な場所を旅しながら撮影し始め、その功績はエドワード・スタイケンやウオーカー・エヴァンズらに認められた。「ザ・ファミリー・オブ・マン」展への参加や、フォーチューン誌にて写真を発表している。1955年には、外国人として初めてグッゲンハイムの奨学金制度を取得。「アメリカの広範かつ豊富な写真による記録」を目的とし1956年までアメリカ各地を撮影する。そして、1958年に代表作「The Americans」をパリにて刊行。また、1958年以降からロバート・フランクは、16mmフィルムやビデオなどの映像作品を制作しており、1970年より写真を再開。

    この「London/Wales」のオリジナル版は、1976年に刊行されました。(本書は、壮大な新版となります)。1949年から1953年にかけて、ニューヨークの新しい家からヨーロッパ:フランス、スイス、スペイン、イギリスをめぐり、詩的で、現実的な視点でユニークな写真を撮りました。1951年から1952年の初めには、ロンドンを訪れ、町の独自に雰囲気や金融家、伝統的なシルクハットやロングコートを纏う人々、霧に包まれた町の中でダンスを踊る人々などを捉えました。そして同時に対照的な労働者階級の人々、石炭を配達する人、通りで遊ぶ子供たち、公園にいる人々、貧困な状況も捉えていました。この対照的なお金と仕事や富と貧困を並置し、今までにないダイナミックな写真プロジェクトを制作したのです。
    「戦争は終わった。英雄的なフランスの人口は、優越性を再確認した。愛、パリ、花々、。しかし、ロンドンは黒、白、そして灰色、優雅さ、スタイル、常に変化する霧の前に存在していた。そして、私は、鉱山労働者について話すウェールズの男に会い、そして「How Green is My Valley」を読んだ。これが私の「物語」を作る試みとなった」- ロバート・フランク


    出版社:  Steidl
    タイプ:  ペーパーバック
    言語:   英語
    ページ数: 128ページ
    サイズ:  24 x 19.2 cm
    状態:   新品

    販売価格

    4,700円(内税)

    購入数



    新入荷!






    人気書籍






    ■お支払い方法 以下よりお選び頂けます。
    ・クレジットカード
    ・銀行振込
    ・郵便振替
    ・代金引換
    → 詳しくはこちら
    ■送料 15,000円以上のお買上げで送料無料。
    (沖縄・離島は半額負担)
    → 詳しくはこちら
    ■領収書 ご注文時に『備考欄』にて、お知ら
    せください。
    その際、必ず『お宛名』のご入力を
    お願いします。

    ☆代金引換をご利用の場合、領収書
    の発行は行っておりません。
    → 詳しくはこちら
    ■ギフトラッピング ご注文時に、『ギフトサービス』の
    項目よりご指定ください。
    リボンを2色よりお選び頂けます。
    ラッピング料:180円(税込)
    → 詳しくはこちら
    ■キャンセル・返品・交換 お客様のご都合によるキャンセル、
    返品、交換はお受け致しかねますの
    で予めご了承下さい。
    → 詳しくはこちら
    ■特定商取引法に基づく表示 ■お問い合わせ ■メールマガジン