マーカス・ハインスドルフ【static + dynamic】

マーカス・ハインスドルフ(Markus Heinsdorff 1953年 - )ドイツ・シュタインキルヒェン出身。デザイン、建築、写真の分野で活動するインスタレーションアーティストです。現在は、ミュンヘンを拠点に活動を行う。金細工師、木と石の彫刻師として働いたのち、1976年から1981年にThe Academy of Fine Arts, Munichにて抽象彫刻を学ぶ。
インド、タイ、インドネシア、ベトナム、中国、台湾、エクアドル、ブラジル、アメリカ、南アフリカそして欧州のなど多くの国々で、プロジェクト、インスタレーション、展覧会を開催。それらの国々では、オンサイトプロジェクトをその地域のコンディションと素材を用い、リサイクルやサステイナブルといったテーマで行われている。また、プロジェクトはUnesco Aschberg programやゲーテインスティチュート、外務省、各国の大学と共同して制作。特に竹と布のプロジェクトを行ってきたが、1990年以降には水の要素も加えられた。

本書は、2020年10月に刊行された書籍です。ハインスドルフの仕事を理解したい人は誰でも、アマゾンの奥深くからインドの広大な都市、アフリカの小さな村まで、世界中を航海しなければなりません。ここで紹介する作品は、アーティストが想像力とエンジニアリングの制度でアプローチする作品です。実現した実際の写真やモデル、スケッチを掲載し、建築と芸術の間の持続可能なインタフェースとして、プロジェクトを紹介しています。


出版社:  Hirmer
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 288ページ
サイズ:  27 x 23 cm
状態:   新品
その他:  図版350点

販売価格

6,000円(内税)

購入数



新入荷!






人気書籍