エルムグリーン & ドラッグセット【Elmgreen & Dragset】

ミカエル・エルムグリーン(Michael Elmgreen 1961年 - )デンマーク・コペンハーゲン出身とインガ−・ドラッグセット(Inger Dragset 1969年 - )ノルウェー・トロンハイム出身の二人からなるアーティストユニット。1995年よりロンドン・ベルリンを拠点に共同制作を始め、現在は、ドイツ・ベルリンを拠点に活動を行っている。パフォーマンス、映像、インスタレーション、環境作品など様々なメディアを使用した作品を展開。ユーモラスな方法で、私たちの生きる現代社会を鑑賞者に問いかけるように再確認させる提示を行う。
第53回ベネチアビエンナーレにて特別賞を受賞。その後、世界の主要な美術館にて個展を開催。ここ日本では、2012年越後妻有アートトリエンナーレに参加。

本書は、イギリス出版社Phaidonから刊行されるPhaidon Artist Seriesです。エルムグリーン&ドラッグセットのいたずら好きで、大脳で受け取りやすい作品は、世界中で称賛されています。本書では、1990年代後半の初期のパフォーマンス作品から、本書が刊行された2019年までのプロジェクトまでを初めて包括的に紹介した一冊です。制度的批判、社会、政治、パフォーマンス、デザイン。建築などの多様な分野から得た情報を、特徴的で破壊的で、そしてウィットに再構築します。”Powerless Stryctures” としても知られる彫刻やインスタレーションは、アートを体験することの意味を再定義しました。表紙は、アメリカ合衆国・ニューヨークの5番街にあるプールの形をしたゴッホの耳の彫刻作品です。

出版社:  Phaidon
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 160ページ
サイズ:  29 x 25 cm
状態:   新刊
その他:  図版200点

販売価格

5,800円(内税)

購入数



新入荷!