イケムラレイコ【In Praise of Light】

イケムラレイコ (Leiko Ikemura 1951年 - )日本・三重県出身の芸術家。現在は、ドイツ・ケルンとベルリンを拠点に活動を行う。絵画、彫刻、ドローイング、水彩、版画、写真など様々なメディアの作品を制作。朧げで柔らかな作品は、今日の社会や神話などを介しながら可能性を探求する。外国語大学にてスペイン語を学んだ後、スペインへ留学、セビーリャ美術大学にて学ぶ。1979年にスイスにて画家として活動を始め、1983年に新表現主義が盛んなるドイツに移る。ベルリン芸術大学(1991年-2015年)、神奈川県の女子美術大学(2014)にて教鞭を執る。2018年には、東京・国立新美術館にて、40年の活動を210点の作品で紹介した大規模な個展が開催された。

本書は、ドイツ・ベルリンのSt. Matthew教会でのプロジェクトをまとめた一冊です。
このプロジェクトは、2020年のCOVID-19によるパンデミックが発生した時に製作されました。
光と色の空間。特別な時間そして永遠の教会との対話が始まりました。ガラスとキャンバスに描かれた絵画、彫刻、そして光のインスタレーションは、フリードリッヒ・シュトゥーラーが設計した保護と光の開放的な内部空間に、対話や会話、コンサート、礼拝、パフォーマンスのための鮮やかな場所がつくられました。本書では、約50点の図版と対談、展覧会の記録を掲載しています。


出版社:  Kerber
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 96ページ
サイズ:  27 x 21 cm
状態:   新刊
その他:  カラー図版45点、白黒図版8点

販売価格

4,800円(内税)

購入数



新入荷!