アンドリュー・ワイエス【Andrew & Jamie in the Studio】

アンドリュー・ワイエス(Andrew Wyeth, 1917年 - 2009年)アメリカ合衆国・ペンシルベニア出身。同国のリアリズムを代表する画家であり、また国民的芸術家。著名な挿絵画家であった父親から絵画を学び、「そこにあるものを正確に描写すること」、次に「そこにはないものを『存在している』ように描写すること」を特に教えられたと言われている。人物画や風景画は、制作の際に入念なドローイングと水彩画の下絵を経て描き出され、時として写真と錯覚される程、非常に写実的な描写を特徴としている。また、絵全体の色彩のバランスがとても美しく、彩度を押さえたセピア調の色彩の中にも、ブルー・グリーン・イエローなど様々な色味を感じさせる。

ジェイミー・ブラウニング・ワイエス(Jamie Browning Wyeth 1946年 -)現代のアメリカ合衆国の写実主義の画家であり、アンドリュー・ワイエスの息子。ペンシルベニアで育ち、ブランデーワイン派の伝統を’受け継ぐ。ブランデーワインかわの田園地帯などの風景画を描く。

本書は、アンドリュー・ワイエスとその息子であるジェイミー・ワイエスの多様な作品と芸術的方法の本質的な見方をまとめた一冊です。
父と息子であるこの二人は、20世紀の最も有名なアメリカの写実主義の画家です。二人は
似たような習慣を持ち、ペンシルベニアの田舎で生活をしていましたが、著しく異なる作品を制作しています。しかしながら、お互いに補完し合うことで、幅広い制作工程を用いることができました。彼らの象徴的な作品と習作(いくつかは未発表であったものが含まれる)を紹介し、斬新なアプローチで二人の作品と制作工程を紹介しています。また、ブランデーワインとメイン州ミッドコーストにあるスタジオを4年間取材し、よりアーティストの世界を詳細に紹介しています。約200点の図版で、見応えある書籍となっています。

出版社:  Yale University Press
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 224ページ
サイズ:  29 x 27 cm
状態:   新刊

販売価格

5,000円(内税)

購入数



新入荷!