アダム・ペンドルトン【Who is Queen?】

アダム・ペンドルトン(Adam Pendleton 1984年 - )アメリカ合衆国・バージニア州出身の芸術家。現在は、ニューヨークを拠点に活動を行う。絵画、シルクスクリーン、コラージュ、ビデオ、パフォーマンスなどで知られる。テキストや視覚文化、歴史や美的コンテンツを使用し、社会的な抵抗運動やダダ、ミニマリズム、コンセプチュアルなど様々な文化的視点との共鳴を探る作品を制作。初期の作品がギャラリスト宮本和子氏の目に留まり、マンハッタンのGallery Onetwentyeightにてグループ展に参加。2005年にはニューヨークのYvon Lambertにて個展を開催。その他、ニューヨーク近代美術館、ホイットニー美術館、ニューミュージアム、パレ・ド・トーキョーなど国際的な展覧会に参加。

本書は、2021年9月18日から2022年1月30日まで、アメリカ・ニューヨークのニューヨーク近代美術館(MoMA)にて開催の展覧会を機に刊行されました。ブラックダダを背景に、音楽の対位法とプロテストの美学を融合させるペンドルトン作品を紹介しています。
ペンドルトンは、視覚文化と歴史的アーカイブを利用し、文脈が意味に影響を与える方法を探ります。ダダ、ミニマリズム、ブラックパワーなど、幅広い芸術運動や文化の流れを参照し、単語、形式、画像を再構成し、批判的な問いを誘発しています。MoMAで展示されたインスタレーション作品を紹介するこの書籍は、多くのテキストや図版が掲載されており、展覧会のコンセプト、コンテンツ、プログラミングに直接関係するものばかりです。このプロジェクトは、Black Lives MatterやOccupyなど過去10年間のもの含め、大衆運動がもたらす影響に取り組み、リポジトリとしての美術館の概念に疑問を投げかけ、形式として展示しています。
グレン・グールドやマイケル・ハート、ルビー・セイルズのように異なる人物を利用し、「Who is Queen?」は、抽象化と政治の結びつきを探求しています。


出版社:  The Museum of Modern Art
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 272ページ
サイズ:  25 x 20 cm
状態:   新刊
その他:  カラー図版255点

販売価格

5,700円(内税)

購入数



新入荷!