ルイーゼ・ブルジョア【The Fabric Works】

ルイーズ・ブルジョア (Louise Bourgeois 1911 - 2010年)フランス・パリ出身、後にアメリカ国籍を取得。近代・現代美術を代表する重要な彫刻家の一人。最も知られた作品は、東京・六本木にもある大きな蜘蛛の彫刻(全長9m、タイトル「Maman」)。パリ・ソルボンヌ大学にて数学・哲学を学んだ後、美術へと転向。1938年にアメリカ・NYへ移住。1955年にアメリカ国籍取得。
美術へと転向したブルジョアは、1938年フェルナン・レジェに絵画を学ぶ。1947年より彫刻作品の制作を始め、1949年にはNYにて個展を開催。初期の作品には、トーテムポールのような柱形状が多くみられるものの、ブルジョア作品に決まった形式はなく自由な発想で作品を展開している。グロテスクにも見える形状のものも少なくないが、自身の幼少期の体験や父親との確執など女性的な心理の繊細な表現が散りばめられた美しい作品が多い。1982年72歳でMoMAにて個展が開催され、1993年にはヴィネチア・ビエンナーレのアメリカ館の展示を行なっている。1999年に高松宮殿下記念世界文化賞彫刻部門を受賞。90年代以降も勢力的に活動を行なっていた女性彫刻家。

本書は、イタリアの歴史家/キュレーターGermano Celantがブルジョアと共にニューヨークのスタジオで編集した画期的な一冊です。1930年代から制作を行ってきたブルジョアは、1990年代に自身の服と愛する人の服を、彫刻作品やドローイングの構成要素として使用し始めました。
それは、彼女の過去と幼少期の生まれ変わりであり、彼女自身の記憶との関係の確認作業でもあります。ファブリックへの視覚的なアプローチは、装飾的なアクセサリーを感情的で個人的なものへと変換します。2002年には、彼女の服の様々な色と形式的な構造特性を使用して、「The Fabric Drawings」を完成させました。花のようなフィギラティブな要素と色彩の抽象化を交互に繰り返すような素晴らしい作品です。それらの一連の図版などを300ページに渡り紹介したカタログのような書籍。

出版社:  Skira
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 336ぺージ
サイズ:  28 x 24 cm
状態:   新刊

販売価格

9,500円(内税)

購入数



新入荷!