ヒルマ・アフ・クリント【Visionary】

ヒルマ・アフ・クリント(Hiuma af Klint 1862年 - 1944年)スウェーデン・ソルナ出身。最初期に抽象絵画を描いたとされる女性画家。「de Fem(5人)」のグループで活動し、オートマティスムによる実験的な描画を1800年代後半より行う。神秘主義にも魅了され、女性のみのグループにて精神世界との交流を行なった。ダイアグラムのような絵画は、複雑な精神的な考えを視覚的に表現したものである。芸術と精神に同時に魅了され、現代美術史上最も驚くべき作品を生み出した芸術家でもある。ストックホルムのTekniska SkolanとThe Royal Academy of Fine Artsで学び、1882年から1887年には、特にドローイング、肖像画、風景画を専攻。1908年にルドルフ・シュタイナーに出会い、芸術に関するシュタイナーの理論に傾倒する。カンディンスキーより以前に抽象絵画を制作した芸術家である。

本書は、2020年冬に刊行されたアフ・クリントの生活と芸術に関する新たなリサーチと文化的背景をまとめた一冊になります。アメリカ・ニューヨークのグッゲンハイム美術館で開催された展覧会「Hilma af Klint: Painting for the Future」は、この抽象的で神秘的な画家ヒルマ・アフ・クリントを紹介しました。この絶賛された展覧会のオープンニングで開催されたセミナーに基づき、本書は作品図版、アーカイブ写真、アフ・クリントの記録からの画像などと共にセミナーの寄稿者の識見をまとめています。
この展覧会及び書籍では、20世紀の変わり目に現れた社会的及び精神的な動きを探り、モダニズムと抽象絵画の先駆者であるカンディンスキー、モンドリアン、マレーヴィッチ、アフ・クリントを参照しています。
「抽象芸術にそのような動きを引き起こした思潮は何だったのか?ヒルマ・アフ・クリントを生み出した条件とは何だったのか?」について、学者/専門家のJulia Voss、Tracy Bashkoff、Isaac Ludelsky、Linda Dalrymple Henderson、Marco Pasiによるそれぞれ異なるアプローチを収録。Vossはアフ・クリントの伝記を分析し、彼女の人生における5つの重要な出来事を特定します。Bashkoffは、Hilla Rebayとのつながりと寺院建設計画を示します。Ludelskyは、ニューヨークの神智学の起源を辿ります。Hendersonは、オカルトと科学を調査します。そしてPasiは、文化における秘教が変化する役割について考察します。


出版社:  Stolpe Publishing
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 180ページ
サイズ:  28.5 x 22.5 cm
状態:   新刊
その他:  図版60点

販売価格

4,000円(内税)

購入数



新入荷!