ショーン・スカリー【Paintings, Pastels, Watercolors, Photographs 1990-2000】

ショーン・スカリー(Sean Scully 1945年 - )アイルアランド共和国・ダブリン出身。画家、版画家、彫刻家。1962年から1965年に、グラフィックデザイナーやメッセンジャーなどの職に就きながら、The Central School of Artの夜間学校にて絵画を始め、1965年からはイギリス・ロンドンのCroydon College of Art, London、1968年にはNewcastle Universityにて学ぶ。フェローシップ取得後、ハーバード大学に赴きアメリカの地を踏む。その後、ロンドンにて初個展を開催。また教鞭を執り始める。1975年にニューヨークへ移住後は、ロバート・ライマンを始め多くのアーティストと出会い、ミニマリズムやヨーロッパのオプアートの影響を受け、「Black Painting」シリーズを制作。1980年頃からはモロッコでの滞在を経て、新しい鮮やかなストライプ絵画の制作を始める。1997年には、初めて写真作品を展示。その後も版画作品での展示も行っている。1989年と1993年に、ターナー賞にノミネート。数多くのアメリカやヨーロッパの大学にて教鞭も執っている。

本書は、アイルランド生まれの芸術家ショーン・スカリーが1990年から2000年に制作した作品がまとめられています。
絵画、パステル画、水彩画、写真などの254点の図版といくつかの伝記、Francisco Jarauta、Bernd Kluser、Maria Muller、Armin Zweiteによるエッセイ、インタビューを掲載し、縦縞と横縞のニュートラルなストライプのスカリー作品をご覧いただける一冊です。

出版社:  Richter Verlag
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 254ページ
サイズ:  30 x 24.4 cm
状態:   新刊
その他:  図版254点

販売価格

10,000円(内税)

購入数



新入荷!