草間彌生【A Retrospective】

草間彌生(Yayoi Kusama 1929年 - )日本・長野県出身の芸術家。 日本を代表する現代芸術家の一人。幼少期より、水玉を描いた絵画を制作。出生地の長野・松本市の女学校を卒業の後、京都市立美術工芸学校にて日本画を1年間学ぶ。1957年に渡米、モノクロームの作品「無限の網」にて一躍注目を浴び、絵画、彫刻の他にもハプニング、ファッションショー、自演映画などの制作など自身の世界観を展開していく。1973年に帰国、拠点を東京に移す。日本で前衛芸術家としての活動は、すぐには受け入れなかったが、1993年にはヴェネチア・ビエンナーレの日本館代表を務める。1998年には「Love Forever: Yayoi Kusama 1958 - 1968」展をアメリカのニューヨーク近代美術館(MOMA)、ロサンゼルス、カウンティ美術館にて開催。翌年には、「草間彌生:ニューヨーク/東京」展が東京都現代美術館で開催。2006年には、高松宮殿下記念世界文化賞絵画部門を受賞。

本書は、草間彌生の最初のヨーロッパでの主要な回顧展を機に刊行され、80年以上に渡る日本の芸術家の影響ある作品を包括的に紹介しています。
ベルリンのマルティン・グロピウス・バウでの画期的な展示に付属して刊行され、草間氏の人生を調査し、著名な専門家による独創的な洞察を用いてまとめられたこの書籍は、初期の絵画や彫刻など創造的な成果の発展を辿り、特にあまり知られていないヨーロッパやドイツで活動についても探求しています。これは、ヨーロッパ、米国、そして日本の政治的・社会的な問題に対する草間氏の取り組みを明らかにするものです。様々な理論的背景を持つ著者によるテキスト、多数の図版とアーカイブドキュメントが掲載されています。エッセイでは、ファッション、映画、アートマーケット、出版の世界での業績について説明しています。そして、彼らは様々な芸術分野との関わりに焦点を当て、パフォーマンス、インスタレーション、絵画シリーズについて、各ジャンル固有の観察を提供しています。この記念碑的な回顧展および本書は、彼女の創造的な軌跡と並外れたキャリアの幅広い理解へ導いてくれます。

出版社:  Prestel
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 352ページ
図版:   468点
サイズ:  28.7 x 23 cm
状態:   新刊
刊行年:  2021年
ISBN:   9783791378824

販売価格

6,800円(内税)

購入数



新入荷!