オーギュスト・ルノワール【Renoir - The Body, The Senses】

ルノワールのヌードとその重要な芸術的遺産の並外れた描写の啓示的で広範囲にわたる探求をまとめた美しい一冊。

19世紀後半に実験的な新しい絵画技法によって、先駆的な印象派の芸術家の一人として最も知られているルノワールは、古典的な伝統に深く影響を受け、ヌードの基本的な主題に何度も立ち戻っています。本書では、ルノワールのキャリア全体をたどりながら、ギュスターヴ・クールベ、エドゥアール・マネ、エドガー・ドガ、ポール・セザンヌに反応した作品から、彼の晩年の作品、そしてまだ物議を醸している、次世代の芸術家にインスピレーションを得た水浴びの描写など、芸術家が主題のさまざまな描写で採用したさまざまなアプローチを検証します。
著名な学者により、ルノワールが個人的な表現の手段としてヌードを使用したさまざまな方法を見るだけでなく、男性の視線に対する現代のフェミニスト批評の観点からルノワールの芸術を分析します。ルノワールのヌードについて初めてとなる包括的な調査により、絵画、パステル、ドローイング、彫刻など約50点の作品を紹介。また、ルノワールの継続的な影響と芸術における女性ヌードの歴史的重要性を考察する現代の人物画家Lisa Yuskavageへのインタビューを特集しています。

出版社:  Yale University Press
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 264ページ
図版:   110点
サイズ:  28.5 x 24 cm
状態:   新刊
刊行年:  2019年
ISBN:   9780300243314

販売価格

6,200円(内税)

購入数



新入荷!