ドナルド・ジャッド【Artworks 1970-1994】

ドナルド・ジャッド(Donald Clarence Judd 1928年 - 1994年)アメリカ合衆国・ミーズリ州出身。20世紀を代表する画家・彫刻家・美術評論家であり、ミニマル・アートを代表するアーティストの一人でもある(ジャッド本人はこのムーブメントの作家として扱われることに否定的であった)。近代彫刻の新しい流れをもたらし、アルミニウムなどの産業素材を使用した彫刻作品を制作。
哲学を学んだ後、Rudolf WittkowerやMeyer Schapiroの元で美術史の修士号を目指し、またニューヨークのArt Students League of New Yorkの夜間学校にも参加した。1959年から1965年には、主要なアート雑誌に美術批評を書いた。画家・版画家としてスタートさせ、50年代には抽象表現主義に影響を受けた作品を制作、初個展も開催する。60年代に入ると立体作品へと手法を移行し、「スタック」シリーズや「スペシフィック・オブジェクト」と呼ばれる四角い箱を並べた作品などを展開。80年代には数々の建築プロジェクトを手掛け、建築論も展開。1968年、ジャッドは1870年にNicolas Whyteが設計した5階立ての建物を購入し、住居とスタジオとして使用した。

本書は、2020年にアメリカ・ニューヨークのDavid Zwirner Galleryにて開催された展覧会を機に刊行されました。
この書籍には、ジャッドの広大なインスタレーションから独立した単一のユニット作品、そして彼のプロセスとアプローチの貴重な新しい洞察を掲載しています。
リサーチでは、ジャッドの最大で最も複雑なインスタレーションの一つである、1986年に制作された壁に取り付けられた63点の合板のボックス作品も含まれています。その他、コールテン銅、プレキシガラス、銅、合板、ツヤ消しのアルミニウム、エナメルアルミニウムなどの材料で制作された。様々な有名なバリエーション作品を掲載。280ページに100点の図版で見応えあるジャッド本です。

出版社:  David Zwirner
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 284ページ
サイズ:  25.4 x 17.8 cm
状態:   新刊
その他:  図版100点
刊行年:  2022年
ISBN:   97816444230572

販売価格

9,200円(内税)

購入数



新入荷!