ミヒャエル・ボレマンス【The Acrobat】

ミヒャエル・ボレマンス(Michael Borremans, 1963年 - )ベルギー・ゲラールスベルゲン出身の芸術家。現在は、同国ゲントを拠点に活動している。1990年代後半より世界的な注目される。非現実的な構図は、絵画・ドローイング・彫刻・フィルムという異なったメディアで展開され、見るものに「奇妙な感覚」と「不安定な美の感覚」を与える。彼の絵画技術は、18世紀の画家マネやドガ、そしてスペインの巨匠ベラスケスが引き合いに出される。ここ日本では、2008年ギャラリー小柳にて展覧会が開催。2011年には、横浜トリエンナーレ出展。2014年1月から3月にかけて、東京・原美術館/ギャラリー小柳にて展覧会。2020年9月19日から2021年2月28日には、金沢21世紀美術館にて、オランダの芸術家マーク・マンダースとの二人展を開催。

本書は、2022年4月28日から6月4日までアメリカ・ニューヨークのDavid Zwirnerにて開催された展覧会を機に刊行されたポケットサイズの書籍です。
2021年と2022年に製作された絵画作品をアメリカで展示した貴重な機会でした。古典的な絵画を想起し、また技術的な熟達など描写への再検討を促します。
不気味なシーン、レンブラント的な照明で描かれた被写体や厳粛なポートレート、ボレマンスのユニークな一連の作品をご覧いただけます。15点の作品とKatya Tylevichによる啓発的なテキストで、静かにボレマンス作品を掘り下げる一冊。

出版社:  David Zwirner
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 64ページ
サイズ:  17.8 x 11.4 cm
状態:   新品
その他:  図版18点
刊行年: 2022年
ISBN:   9781644230831

販売価格

2,400円(内税)

SOLD OUT



新入荷!