アクセル・ヒュッテ【Gohsts and Reality】

アクセル・ヒュッテ(Axel Hutte 1951年 - )ドイツ・エッセン出身の写真家。現在は、デュッセルドルフ・ベルリンを拠点に活動を行う。アンドレアス・グルスキー、トーマス・ルフ、カンディダ・へーファーなどと並んでベッヒャー派と呼ばれる写真家の一人でもある。1973年から1981年までデュッセルドルフ美術アカデミーのベルント/ヒラ・ベッヒャー夫妻に、写真を学んだ。彼の作品は、写真からの公平なイメージのために客観性を中心に置く。撮られる対象物は存在していながら、その風景や街そのものに客観性を見出し、抽象絵画のように美しい画面を作り上げる。2001年に発表された「As Dark/As Light」シリーズも、幾何学的な組成に重点を置き、慎重に構成された夜の街を長時間露光にて撮影している。

本書では、2つのシリーズの写真を紹介しています。一つ目は、雪に覆われた山頂を持つアルプスの峠から、アペニン山脈の頂上を19世紀の巡回旅行を辿るようなヒュッテ自身のドイツからイタリアの旅行で撮影されたもの。二つ目は、ベネチアとその最も有名なパラッツィのインテリアをカラーと白黒の写真で、ラグーンの街の厳粛で親密な写真たちです。

出版社:  Skira
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語、イタリア語
サイズ:  28 x 24 cm
ページ数: 120ページ
状態:   新品
刊行年:  2014年
ISBN:   9788857222257

販売価格

7,400円(内税)

購入数



新入荷!