ゲルハルト・リヒター【Life and Work】

ゲルハルト・リヒター(Gerhard Richter 1932年 - )ドイツ・ドレスデン出身の画家。現代美術・現代絵画において世界で最も重要な一人であり、ドイツ最高峰の画家として知られる。写実的、抽象的な絵画、写真、ガラスの作品を制作。広告、舞台装置の画家見習いとして働き、のちにDresden Academy of Fine Artsにて学ぶ。1948年、ツィッタウの職業高を卒業、1949年から1951年まで標識画家の見習いとして働きながら、画家を目指す。1950年に、Dresden Academy of Fine Artsでの研究申請を行うが、あまりにもブルジョア的であるとして却下される。1951年より勉強を再開する。1961年、ベルリンの壁によりドイツが東西に分断される直前に、妻とともに西ドイツに回り、デュッセルドルフ美術アカデミーに入学する。後には、同校で教鞭を執る。今日も、表現方法が多様化する現代美術の中で、絵画の可能性を追求し勢力的に活動を続けている芸術家。

世界で最も敬愛される現代芸術家の一人、ゲルハルド・リヒター。
その作品には、多くのコンセプトが取り入れられており、それらは時として継続的に分類を阻みます。
この広範で権威ある書籍でArmnin Zweiteは、白黒のフォトペインティング、見事に考案されたカラーチャートとグレイペインティング、ガラスと鏡のインスタレーション、風景画、肖像画、そしてオークションで記録を塗り替えた記念碑的な抽象画など、東ドイツの初期の芸術教育とその後の西ドイツでの多作な作品の両方をご案内しています。
また、大規模なテーマ作品であるアトラス、October 18,1977、ドイツ左翼のメンバーの生と死を扱った一連の作品なども含まれています。美しい図版は、Ten Latge Color-chart(1966)、Annunciation after Titian(1973)、Faust(1980)、Skull with Candle(1983)、Funeral(1988)、Strip(2012)など、250点を超える作品が掲載されています。
全体を通して、Zweiteは澄んだ目で解説を試み、リヒター作品の幅広さに対する専門家の評価を記しています。このリヒターの60年間をまとめたモノグラフは、芸術家と彼の人生に関してまとめられた見事で明確な一冊です。

出版社:  Prestel
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
サイズ:  37.2 x 25.4 cm
ページ数: 480ページ
状態:   新品
その他:  図版418点
刊行年:  2020年
ISBN:   9783791386515

販売価格

23,100円(内税)

購入数



新入荷!