ソール・ライター【The Unseen Saul Leiter】

ソール・ライター(Saul Leiter, 1923年 - 2013年)アメリカ合衆国ペンシルベニア州ピッツバーグ出身の写真家。 父はよく知られたユダヤ教の牧師で、彼自身もまたラビ(ユダヤ教の指導者)になるため学ぶ。ですが、23歳の頃、画家を目指しニューヨークに移住。抽象画家リチャード・パウセット=ダートやユージン・スミスに出会い、写真を勧められ、35mmの白黒写真を撮り始める。1948年にはカラー写真も手掛け、ファッションフォトグラファーとして生計を立て活動を行う。この頃には、ロバート・フランクやダイアン・アーバスらとも交流。晩年、写真が認められ急速に世界に知られる写真家の一人となった。2013年には、ドキュメンタリー映画「In No Great Hurry: 13 Lessons in Life with Saul Leiter」(邦題:写真家ソール・ライター 急がないで人生で見つけた13のこと)が公開。ここ日本でも、渋谷Bunkamura Museumにて個展を開催。

2013年にこの世を去ったソール・ライター。その時、彼は40,000枚を超えるカラーネガフィルムを残していました。これまで、そのほんの一部は、生前に紹介されてきました。
この本は、その並外れた写真の宝庫から、新たに発見された76枚の作品を紹介しています。これが、初めての公開となる写真たちです。
ソール・ライター財団のマルギット・アーブとマイケル・パリロが細心の注意を払ってキュレーションし、ネガフィルムのアーカイブについて、現在の調査や文書化、復元化などについて説明するテキストも習得されています。
この新しい未公開写真で埋められた一冊は、ソール・ライターファンだけでなく、世界中の写真ファンにとって、重要な一冊になるでしょう。

出版社:  Thames & Hudson
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
サイズ:  27.5 x 21.5 cm
ページ数: 160ページ
状態:   新品
その他:  図版76点
刊行年:  2022年
ISBN:   9780500545560

販売価格

7,500円(内税)

購入数



新入荷!