デイヴィッド・ホックニー【Love Life - David Hockney Drawings 1963-1977】

デイヴィッド・ホックニー(David Hockny 1937年 - )イングランド・ブラッドフォード(ウェスト・ヨークシャー)出身。イギリスを代表する画家。1960年代にはアメリカ合衆国でアンディ・ウォーホールらと出会い、ポップ・アートに大きな影響を与えたアーティストの一人。1960年代にレジデンスにてアメリカ・カリフォルニア州に滞在、その後もアメリカ国内の様々な場所を巡り、30年以上に渡り同国を拠点に活動。友人らを描いたポートレート作品から、ポラロイド写真を用いたコラージュ、版画、ドローイング、など明るい色彩を特徴とした作品を制作。また、スカラ座やメトロポリタン歌劇場などの舞台芸術も手掛けている。近年、約30年振りにイギリスへ戻り、自身の故郷ヨークシャーの自然を描いたシリーズも発表。


デイヴィット・ホックニーは史上最も優れたドラフトマンであり、1960年代と1970年代のドローイングは、最高傑作の一つです。よく知られた絵画とあまり知られていない絵画の両方を美しく掲載した本書では、周りの世界を綿密に観察し芸術へと変換する並外れた才能を通して、彼の人生への愛がどのように表現されてきたのかを探ります。元テート・ブリテンの展示責任者であり、現ホルバーン美術館の館長を務めるChris Stephenによるエッセイでは、ホックニーの初期のキャリアにおける絵画の役割について記述されています。また、1960年代の制作中のホックニーの未公開写真も添えられています。

出版社:  Pallas Athene
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
サイズ:  22.5x 22.5 cm
ページ数: 96ページ
状態:   新品
刊行年:  2023年
ISBN:   9781843682370

販売価格

5,940円(内税)

SOLD OUT



新入荷!