杉本博司【Revolution】

杉本博司(Hiroshi Sugimoto 1948年 - )東京出身。日本を代表する写真家であり芸術家。現在は、東京及びニューヨークを拠点に活動。立教大学経済学部を卒業の後、1970年にアートセンター・カレッジ・オブ・デザイン(ロサンゼルス)にて、写真を学ぶ。その後、アシスタントを経て1975年に自身のスタジオを構え、1976年にニューヨーク近代美術館(MoMA)写真部門へ、最初のシリーズ「ジオラマ」の一枚を持ち込み、評価を得る。ニューヨーク州やグッゲンハイムの奨学金を得て、写真制作に没頭した後、生活の為に古美術商ギャラリー「MINGEI」を開業。「ジオラマ」「海景」「劇場」「ポートレート」「蝋人形」「陰翳礼讃」「建築」など多くの写真集を刊行。2009年には高松宮殿下記念世界文化賞を受賞。2013年にはフランス芸術文化勲章オフィシエを受章している。

本書は、2012年〜2013年にドイツ・ミュンヘンにて行われています展覧会に合わせて出版されたものになります『Revolution』 とは、革命という意味の他にも「回転」や「公転」という意味もあります。このシリーズは、彼の代表作「海景」の新しい展開とも言えるものになっています。夜間に撮影された海を縦向きに見るという展示が行われました。背表紙に書かれた言葉、「海は、有意識の源の意識を呼び起こすような潜在能力があるように私には思える」新しい杉本博司の風景を御覧いただける美しい書籍となっています。


出版社:  Hatje Cantz
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語、ドイツ語
ページ数: 88ページ
サイズ:  33.3 x 24.1 cm
状態:   新品

販売価格

4,900円(内税)

SOLD OUT



新入荷!