ゲルハルト・リヒター【Patterns(縮小版)】

ゲルハルト・リヒター(Gerhard Richter 1932年 - )ドイツ・ドレスデン出身の画家。現代美術・現代絵画において世界で最も重要な一人であり、ドイツ最高峰の画家として知られる。写実的、抽象的な絵画、写真、ガラスの作品を制作。広告、舞台装置の画家見習いとして働き、のちにDresden Academy of Fine Artsにて学ぶ。1948年、ツィッタウの職業高を卒業、1949年から1951年まで標識画家の見習いとして働きながら画家を目指す。1950年に、Dresden Academy of Fine Artsでの研究申請を行うが、あまりにもブルジョア的であるとして却下される。1951年より勉強を再開する。1961年、ベルリンの壁によりドイツが東西に分断される直前に、妻とともに西ドイツに移り、デュッセルドルフ美術アカデミーに入学する。後には、同校で教鞭を執る。今日も、表現方法が多様化する現代美術の中で、絵画の可能性を追求し勢力的に活動を続けている。

本書は、リヒターが1990年に描いた一枚の抽象画をもとに、縦12段に分割。横幅を2分割(1段目)、4分割(2段目)、8分割(3段目)…4096分割(12段目)し、切り取った絵の一部を反復させパターン化するという作品。段数が増えてくる程(最後のページになるほど)、反復される幅は狭くなり横のラインが強調されていきます。221のパターンを246の見開きページでドキュメントしています。
反復された色は、次第にストライプへと変わっていきます。美しい色彩のこの展開の方法に感嘆させられる一冊となっています。

出版社:  Walther Konig
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 488ページ
サイズ:  15 x 21.5 cm
状態:   新刊
刊行年:  2012年
ISBN:   9783863351908

販売価格

5,100円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍




新入荷!