カール・アンドレ【Things In Their Elements】

カール・アンドレ(Carl Andre 1935年生まれ)アメリカ出身、20世紀代表する彫刻家の一人です。特にミニマリズムにおいて、名前のあがるアーティストです。美術の分野の抽象表現主義のアメリカでの展開の上でミニマリズム(ミニマル・アート)は、美術史に新しい展開を齎しました。
カール・アンドレは、ブランクーシの彫刻『無限柱』に影響を受けます。また、フランク・ステラとアトリエを共にし、ここからも彼の革新的な彫刻へのアプローチは展開されていきます。単純な幾何学のユニットを反復することで様々な効果(表現)を創ります。従来の彫刻よりも、展示場所による特性と調和を図りより鮮明なイメージへの構築を目指します。カール・アンドレは、詩人でもありその繊細な表現は、彫刻による詩のように感じます。工業製品のように規格サイズのある素材の反復、素材は、鉄鋼坂、枕木、煉瓦を使用します。
また、構築=正確に並べるとはちがう「スキャター・ピース」などの制作も行います。これは、作家の統制から作品が離れることで、観客が視覚ではなく身体を用いて作品との距離を意識するという従来の彫刻とは違った角度からの鑑賞者へのアプローチでした。

本書は、カール・アンドレの制作の全貌をご覧いただける書籍となっています。
アンドレのスタジオ、作品のプロセス(スケッチや文章)、個人蔵の作品、美術館蔵の作品などが写真と共に豊富に掲載されています。
今までにないカール・アンドレの全体を見渡せる素晴らしい書籍となっています。


出版社:  Phaidon
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
サイズ:  30 x 26 cm
状態:   新刊

販売価格

6,800円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍




新入荷!