イードウィアード・マイブリッジ【Helios】

イードウィアード・マイブリッジ(Eadweard J. Muybridge, 1830–1904)動物の動きを連続撮影した作品で知られる、イギリス出身の写真家です。1855年にアメリカ西部に移住しますが、駅馬車による事故の為、故郷イギリスにて静養中に写真技術を学びます。1867年サンフランシスコに戻り、風景写真やアメリカ西部の発展する都市の写真を撮影始めます。
マイブリッジの動態撮影は、元カリフォルニア州知事リーランド・スタンフォードによる「走る馬の脚全てが、地面から離れる瞬間があるか」という依頼から始まります。マイブリッジは証拠写真の撮影に取りかかり、様々な技術的な困難の中、特別設計のカメラ12台によって走る馬の連続撮影に成功します。その後も、人間や動物の動作の連続撮影を続け、1887年にその成果をまとめた写真集「動物の運動」で多大な反響を得ました。

本書は、写真家としてだけでなく、写真装置の開発者、また映画の発明の先駆者としてなど多岐にわたるマイブリッジの業績を、エッセイ、彼が後世に与えた影響についてのテキストと共に包括的に紹介した一冊となっています。
走る馬を撮影したときの記録写真や、有名な動体写真の数々だけでなく、ドラマティックなアメリカ西部の風景を写した初期作品も多数ご覧頂けます。


出版社:  Steidl / Corcoran Gallery of Art
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 300ページ
サイズ:  22 × 29 cm
状態:   新刊
その他:  図版200点

販売価格

6,300円(内税)

SOLD OUT