ロバート・アダムス【Gone?】

ロバート・アダムス (Robert Adams 1937年 - )アメリカ・ニュージャージー州出身。アメリカを代表する写真家です。幼少期は、父親の仕事によりアメリカ各地で過ごします。1955年コロラド州の大学に進学。翌年、カリフォルニア州の大学に移り勉強を続けます。1962年にはコロラド州に戻り、大学にて英語を教えています。1963年に35mmの一眼レフを購入し主に自然や建築物を撮り始めました。カメラワークや絞りなどを自身で勉強し始め、その後プロのカメラマンにより本格的な写真技術を学びました。1967年には写真を撮る時間を増やし、70年に入るころには、写真家として働き始めています。1974年、写真集「The New West」を刊行。翌年に『ニュー・トポグラフィクス』展にて、スティーブ・ショアー、ベッヒャー夫妻とともに選出されています。アダムスは、特にアメリカの西部や都市化する街と自然の両方のある場所を写します。白黒の淡い光の写真は、そこにある現在を緩やかに写しだしています。

本書は、2010年にドイツ・Steidel社より刊行された写真集「Gone?」。1980年代のアメリカ・コロラド州の風景写真です。ロッキー山脈の端に沿って、ロバート・アダムスは郊外の写真を撮り始めました。歴史の中でその時確かにそこにあった光景、移りゆく郊外、荒野が失われていくそれらの光景を記録します。「私達が何をしたのか、そして何を認識するのか」とアダムスは問いかけます。美しい光を捉えながら移りゆくアメリカを記録した写真集です。

出版社:  Steidel
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 116ページ
サイズ:  25.9 x 26 cm
状態:   新品

販売価格

4,900円(内税)

SOLD OUT



新入荷!






人気書籍






■お支払い方法 以下よりお選び頂けます。
・クレジットカード
・銀行振込
・郵便振替
・代金引換
→ 詳しくはこちら
■送料 15,000円以上のお買上げで送料無料。
(沖縄・離島は半額負担)
→ 詳しくはこちら
■領収書 ご注文時に『備考欄』にて、お知ら
せください。
その際、必ず『お宛名』のご入力を
お願いします。

☆代金引換をご利用の場合、領収書
の発行は行っておりません。
→ 詳しくはこちら
■ギフトラッピング ご注文時に、『ギフトサービス』の
項目よりご指定ください。
リボンを2色よりお選び頂けます。
ラッピング料:180円(税込)
→ 詳しくはこちら
■キャンセル・返品・交換 お客様のご都合によるキャンセル、
返品、交換はお受け致しかねますの
で予めご了承下さい。
→ 詳しくはこちら
■特定商取引法に基づく表示 ■お問い合わせ ■メールマガジン