マルレーネ・デュマス【The Image as Burden】

マルレーネ・デュマス ( Marlene Dumas 1953年 - ) 南アフリカ出身の画家。現在は,
オランダ・アムステルダムを拠点に活動を行う。絵画、ドローイング、版画、コラージュ、インスタレーション作品を制作。1984年より頭部や人体の絵を描き始める。イメージソースとして、1000枚以上の写真(ポラロイドなど)、雑誌、新聞の切り抜きを使用。それらを用いて新たにコンテクスト作成し、彼女の特徴的な色彩、灰色、青、赤によって描かれる。1990年代初頭には、妊娠や赤ん坊をテーマにしたシリーズを作成。1998年から2000年は、写真家アントン・コービンとコラボレーションにて「Stripping girls」プロジェクトをアムステルダムにて行っている。2006年以降は歴史的に著明な人物にスポットを当て新しい肖像画として新たなコンテクストを用いて絵画を制作します。2007年には、ここ日本の東京都現代美術館にて展覧会が行われました。

本書は、2014年から2015年にオランダ・アムステルダムのアムステルダム市立近代美術館、イギリス・ロンドンのテート・モダン、スイス・バーゼルのFoundation Beyelerの巡回展を機に刊行された書籍です。デュマスの凛々としら心理描写のある作品は、セクシャリティ、愛、死、羞恥などののテーマを探求し、美術史、大衆文化、時事的な問題を参照しています。直接、人生を絵画に描くことは決してありませんが、その複雑な人生がキャンバスに描かれます。そしてその主題は、公的または個人的なな参照の両方から引出されます。デジタル画像とマスメディアが支配する時代に、デュマスは、絵画の意味と効力の証として、人間らしい物理的なタッチで描く事を大切にしています。書籍では、1970年半ばからの主要な作品100点以上の絵画・ドローイングを200点以上のカラー図版にて掲載。また制作経歴やインタビューも収録。

アントン・コービン写真集「The Living and The Dead

出版社:  TATE/D.A.P
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 196ページ
サイズ:  30 x 22.9 cm
状態:   新
その他:  カラー図版200点

販売価格

4,500円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍




新入荷!