ライオネル・ファイニンガー【Woodcuts】

ライオネル・ファイニンガー(Lyonel Feininger 1871 - 1956年)アメリカ・ニューヨーク出身。ドイツ系アメリカ人画家です。音楽家の両親の元に生まれ、ニューヨークで生まれ育ちます。1887年16歳の頃にドイツを旅行し、翌年1888年にドイツへ渡りベルリンの学校で学びます。また、同時期にパリへも向かい彫刻学んでいます。1910年キュビズムを知り、1913年にはカンディンスキーやクレーなどとともに”青騎士”にて活動を始め、1919年にヴァルター・グロピウスの誘いを受け後にバウハウスで教鞭をとります。1937年にナチス占領下のドイツを離れニューヨークへと戻ります。キュビズム、バウハウス、表現主義など作風は一つの領域に留まらず多様なものです。カンディンスキーと並んで抽象表現の先駆けの作家として称される画家の一人でもあります。

本書は、2014年2月から5月にドイツ・クヴェ−ドリンブルグのライオネル・ファイニンガーギャラリーにて行われた展覧会時に同時刊行された書籍になります。
この素晴らしい木版画の作品郡は、ファイニンガ−がパリに住んでいた1918年から
バウハウスで教鞭を取る1920年冬までの数年間で制作されました。その点数は、320作品を数えます。それまで、特別にリトグラフやエッチングなどの技法に関して研究したことはありませんでしたが、これらの作品は、彼の水彩画や油画に匹敵するものでした。モチーフは、パリの都市風景に加え海岸沿いや船、大聖堂や境界などを抽象化したものです。
この度、はじめてファイニンガ−の木版画が一冊の書籍になりました。


出版社:  Kerber
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 272ページ
サイズ:  29.1 x 24.9 cm
状態:   新刊
その他:  カラー図版233点、白黒図版19点

販売価格

7,500円(内税)

購入数