ヨーゼフ・ボイス【The Essential Joseph Beuys】

ヨーゼフ・ボイス(Joseph Beuys 1921年 - 1986年)旧西ドイツ出身の現代アーティスト。独自の理論に基づく彫刻、インスタレーション、ドローイングなどの作品を制作、1960年代に現代アート・グループである『フルクサス』と接触してからは、アクションと呼ばれるパフォーマンス作品を数多く発表した。70年代以降は、アンディ・ウォーホルと並ぶ現代アート界のスーパースターとして注目されただけでなく、「社会彫刻」という概念のもと、「国際自由大学」の設立、「緑の党」への関与などアートの領域を社会活動にまで広げ、その活動は常に賛否両論を巻き起こした。また、デュッセルドルフ芸術アカデミーのボイスの教室からは、ゲルハルト・リヒター、ジグマー・ポルケ、アンゼルム・キーファーなど、後のドイツ美術を代表するアーティストが生まれた他、現在のアーティストにも多大な影響を与えている。

弊店の【Specials:Joseph Beuys/ヨーゼフ・ボイス】でもご紹介しています。

「誰もがアーティストである」という標語を掲げ、アートの役割を再定義し、哲学的思索と政治的な実践を行い、アーティストだけでなく、教育者、革命家でもあったボイス。その作品もドローイング、水彩、彫刻、オブジェ、環境、アクション、マルティプル、版画と多岐に渡っています。
本書はタイトルにもある通り、多岐にわたるボイスの作品の最も重要な部分をテーマにまとめられた一冊になります。初期の個人的な探求から、アクションや教育を通じた対話を経て、後年の国際的な活動に至る、変化と発展を反映してセレクトされた作品が豊富な美しい作品図版にて、年代順に掲載さています。


出版社:  Thames & Hudson
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 240ページ
図版:   160点
サイズ:  31 x 23.8 cm
状態:   新刊

販売価格

5,900円(内税)

購入数



新入荷!