アレックス・カッツ【Landscapes】

アレックス・カッツ(Alex Katz 1927年 - )アメリカのフィギラティブ・アーティストです。ブルックリンで生まれ、1946年から1949年はニューヨークのThe Cooper Unionで学び1949年から1950年はメイン州のSkowhegan School of Painting and Sculptureで学んでいます。特にSkowheganでの経験は、彼の画家としての人生を決定するものでした。カッツは自身の絵画スタイルを発見するために初期の10年間の約1000枚の絵画を破棄したことを認めています。「ひとつに私はすでに公認されていることをしたくはない。特定の題材において、私は基本的に物語が好きではないんです」と言っています。絵画作品は、均一に塗られた絵の具、選ばれたシンプルなアウトライン、木製のパネル(最初はアルミ)を特徴とします。これは、日本の版画家喜多川歌麿からの影響とされています。このスタイルを維持しながら、60年代、70年代、80年代と各年代に明確なシリーズを描いています。また60年代後半には版画、70年代後半には公共の施設とのコラボレーションなどを行なっています。

チューリッヒのハウス・コンストルクティヴ美術館にて、1948年から今日までのカッツの風景画に焦点を当てた展覧会に合わせて刊行された書籍となります。カッツにとって、風景は人物と並んで、彼の過去の作品においても常に関心を寄せ続けているモチーフであり、初期の抽象的な風景画から、7メートルに及ぶ風景を構成し近年の大作まで数々の風景画が紹介されています。
また彼の作品において、風景は単なる自然としてだけでなく、場所や分脈、関係性を表しており、本書では風景と特別の関係性示す、カッツの人物や花の絵などの作品もセレクトされ掲載されています。


出版社:  Kehrer
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 96ページ
サイズ:  29.5 x 24.5 cm
状態:   新刊
その他:  図版45点

販売価格

4,000円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍