マイケル・アーミテージ【Michael Armitage】

マイケル・アーミテージ(Michael Armitage 1984年 - )ケニア出身のアーティストです。現在は、ケニヤ・ナイロビとイギリス・ロンドンを拠点に活動を行っています。2003年から2007年にイギリス・ロンドンのThe Slade School of Fine Artにて学士号を取得、2007年から2010年にThe Slade School of Fine Artにて大学院を修了。制作する絵画作品へは、過去から現在まで様々なニュースやインターネットなどのメディアからのゴシップ、ケニアにいる時間の思い出などを反映させながらストーリーをまとめて描きます。カラフルな彩色を使用し、風景と動物や人間を描きながら、ケニアの政治情勢や貧富差など社会的な問題を取り上げます。

本書は、2017年12月13日から2018年2月23日までイギリス・ロンドンのSouth London Galleyにて開催された個展を機に刊行されました。37点の油画と13点のドローイングを掲載し、Hayword GalleryのRoger MalbertとSouth London GalleyのMargot Heller、ケニアのライターMukami Kuriaによるエッセイ、そして2017年11月のMargot Hellerとアーミテージの対談が収録されています。

出版社:  White Cube
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 100ページ
サイズ:  30 x 24 cm
状態:   新刊

販売価格

6,800円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍