イサム・ノグチ【A Sculptor’s World】

イサム・ノグチ(Isamu Noguchi 1904年 - 1988年)日本名:野口 勇。アメリカ・ロサンゼルス出身の彫刻家、芸術家です。彫刻だけでなく、環境設計や家具・照明デザイン、舞台美術など幅広い分野で活動。日本人の父とアメリカ人の母を持ち、3歳で来日し14歳まで日本で暮らしました。その期間の一時期、指物師の元で見習い修行をしていた経歴があります。アメリカでは、高校をトップの成績で卒業、彫刻家ガッツォン・ボーグラムの助手として働き、後にニューヨークへ移ります。コロンビア大学医学部へ在籍し、夜間は美術学校の彫刻クラスに通学。1925年に初めて演劇美術へ携わり、2年後にパリへ渡りコンスタンティン・ブランクーシに師事。
1935年には、在米日本人芸術家の展覧会に参加。1947年には、ジョージ・ネルソンの依頼で「ノグチ・テーブル」を制作。1950年に、再来日した際、岐阜市長の依頼により「Akariシリーズ」の照明デザインを開始。1960年代に精力的に活動し、1968年にはホイットニー美術館にて大回顧展が開催。現イサム・ノグチ庭園美術館のある香川県の牟礼町にアトリエを構え、日本での制作本拠地とする。多くの賞を受賞し、制作を続けたのち1988年に北海道のモエレ沼公園の制作に取り組み、完成を見ず生涯を閉じた。

本書は、ドイツのSteidl社より2004年初版が刊行された書籍で、2015年に重版されました第2刷となります。1968年に制作された自叙伝が元となっています。イサム・ノグチの最も包括的なモノグラフであり、イサム・ノグチという彫刻家の仕事や生活、スピリットを知るには必須の書籍です。
この巻には、バックミンスター・フラーの序文が添えられています。

出版社:  Steidl
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 260ページ
サイズ:  26 x 24.2 cm
状態:   新品
その他:  図版268点、第2刷版

販売価格

5,950円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍