アウグスト・ザンダー【August Sander】

アウグスト・ザンダー (August Sander 1876 - 1964年)ドイツ・ラインラント出身の写真家です。1897年から1899年に写真助手として兵役に就き、1901年よりオーストリアの第二都市リンツの写真スタジオにて働き3年後には自身のスタジオを持ちます。その後、1909年にドイツ・ケルンに移り新しいスタジオを創りました。1920年代初頭にポートレートという形で社会を記録する『20世紀の人々』というプロジェクトを始めました。このプロジェクトの為に500枚以上の写真を撮りますが、初めの写真集にはその中から60枚のみがセレクトされています。第二次世界大戦をまたいでの活動は容易ではなく、戦時中は多くのネガが破壊されました。戦後すぐ1946年に写真展を開催しています。

4万枚以上の歴史・社会を記録した写真を残したザンダーは、生前にはそれらをまとめた記念碑的な作品を出版することなくこの世を去りました。
本書はその膨大な作品から、初めての出版となる写真、コンタクトプリント、手紙、被写体となった人々の人生についての記録がまとめられた書籍になります。1938年頃から撮り始められた迫害されたユダヤ人、第二次世界大戦中の移民労働者の写真、1944年に刑務所で亡くなった彼の息子エーリッヒが撮影した写真の他、戦前・戦中のナチスの写真が収められています。
ナチスに抵抗し、奮闘したイデオロギーの犠牲者として、ザンダーの『20世紀の人々』の中でも重要な位置を占める威厳のある男性・女性のポートレート作品をご覧いただける一冊となっています。


出版社:  Steidl
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語、ドイツ語、フランス語
ページ数: 240ページ
サイズ:  30 x 23.5 cm
状態:   新刊

販売価格

4,100円(内税)

SOLD OUT