ミヒャエル・ボレマンス【Fire from the Sun】

ミヒャエル・ボレマンス(Michael Borremans, 1963年 - )ベルギー出身、同国在住の画家・映画製作者です。
ボレマンスの絵画技術については、よく18世紀の画家マネやドガ、そしてスペインの巨匠ベラスケスが引き合いに出されます。1990年代後半よりボレマンスは多くの作品を生み出し、同時に世界的な注目を集めてきました。非現実的な構図は、絵画・ドローイング・彫刻・フィルムという異なったメディアで展開され、それは見るものに「奇妙な感覚」と「不安定な美の感覚」を与えます。
2004年からヨーロッパ各地の美術館やギャラリーにて展覧会を行なっています。ここ日本では、2008年ギャラリー小柳にて展覧会が開催されました。2011年には、横浜トリエンナーレ出展しています。2014年1月から3月にかけて、東京・原美術館/ギャラリー小柳にて展覧会を行っています。

本書は、2018年初めに、香港のDavid Zwirnerギャラリーでの展覧会の内容をまとめた、ボレマンスの新作ペインティングシリーズを紹介する一冊です。
このシリーズは、ボレマンスの近作に見られる、時間と空間を超越した劇場のような空間に、子供達が単独またはグループでスタジオのような場所に登場する作品となっています。ルネサンス絵画に登場する天使ケルビムを思わせる歩き始めの幼児達は、人間の状態の寓意として、典型的な純粋さと、悪質さとの対照を示します。
批評家、キュレーターのMichael Bracewellが作品を詳しく紹介するエッセイを収録。


出版社:  David Zwirner Books
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 80ページ
サイズ:  24.8 x 17.3 cm
状態:   新刊

販売価格

3,500円(内税)

SOLD OUT