隈研吾【Complete Works】

隈研吾(Kengo Kuma 1954年 - )横浜出身。世界的建築家であり、日本を代表する建築家の一人でもあります。隈研吾建築都市設計事務所主宰。
1964年の東京オリンピックの丹下健三氏の作品に感銘を受け、建築家を志す。1979年に東京大学大学院工学部建築学科を修了。コロンビア大学建築・都市計画学科客員研究員、戸田建設を経て1990年に隈研吾建築都市設計事務所を設立。
1991年にマツダのショールーム「M2」を制作し、ポストモダンのデザインとして注目を浴びる。その後、1994年頃に高知県「梼原町地域交流施設」と愛媛県「亀老山展望台」の設計
を行う。この二つの作品により、自然素材や自然環境に傾倒した作品を制作。
日本建築学会賞(1997年)など、世界各国で賞を受賞。2020年東京オリンピックの新国立競技場の設計を行う。

本書は、2013年に再販された「Kengo Kuma Complete Works」(Thames & Hudson) に5つのプロジェクトを追加し、2018年秋に新たに刊行された書籍となります。
フランスの二つの美術館、イタリアのランドスケーププロジェクト、中国のホテルや大小様々な商業プロジェクト、幼稚園などを含む多数の日本国内の作品などが掲載。そして、新たに加えられた5つの作品には、スコットランドのVictoria&Albert Museumなどが含まれています。約350ページ以上、図版約400点の見応えある一冊となっています。

出版社:  Thames & Hudson
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 351ページ
サイズ:  30.5 x 24.9 cm
状態:   新品
その他:  図版420点

販売価格

7,200円(内税)

購入数