リー・ウーファン【Traces】

リー・ウーファン(李 禹煥 Lee U-Fan 1936年 - )大韓民国慶尚南道出身の芸術家。もの派を理論的に主導した事でも知られる。鑑賞者と作品の関係性、そして空間や時間を考慮した型破りな芸術的プロセスで制作を行う。1956年ソウル大学校美術大学中退後に来日。1961年日本大学文理学部哲学科を卒業。1967年に、東京の佐藤画廊にて初個展を開催。1960年代半ばに政策された一連のドローイングは、Line seriesの土台にもなった。東洋と西洋の美学と哲学の融合に基づき、視覚言語を蒸留したこれらの作品は、システムの構造や点と線のフィールドを介して、そして緊張感を維持したまま、時間の経過を捉えた。1973年から2007年には埼玉芸術大学にて教鞭を執った。1980年からは、From Wind (1982-86)やWith Winds(1987-91)、Correspondence(1991-2006)、Dialogue(2006-)やサイトスペシフィックなインスタレーションシリーズも制作した。2010年には、直島に美術館を開設。2014年には、フランスのヴェルサイユ宮殿の庭園にて大規模な展示を行った。

本書は、2020年夏に刊行された書籍になります。近年、版画に情熱を傾けているリー・ウーファンは、長年に渡って、非常に長いエッチングの作品を制作することを望んでいました。水平性の限界を押し上げたいと考えていたからです。そして、今回、パリのMichel Woolworthのスタジオで、この夢を実現しました。自身の身体的強さで、合板の硬さと長さ、そして広さを考慮し、無限の軌跡を探求する二つの方法で、二つの異なる作品を制作しました。力強く瞑想的なエッチング作品は、私たちの視線を線の上で漂わせ、虚の中で迷子になりそうです。
本書は、蛇腹式のコーディングブックとなっており、ウーファン自身がユニークなアプローチを説明する別のテキストが付属、その他Phippe Vergne、Beck Jee-Sook、ハンス・ウルリッヒ・オブリストが書籍に関わっています。

出版社:  Edition Cahiers d’Art
タイプ:  ハードカバー(コーディングブック)
言語:   英語
サイズ:  27 x 20.5 cm
ページ数: 56ページ
状態:   新品

販売価格

4,600円(内税)

購入数



新入荷!






人気書籍