ルーチョ・フォンタナ【Ambienti Spaziali】

ルーチョ・フォンタナ(Lucio Fontana 1899年 - 1968年)アルゼンチン・サンタフェ州
出身。イタリアを代表する20世紀の芸術家、彫刻家、画家。空間主義(Spazialismo)運動の創始者でもある。ルイージ・フォンタナの息子。人生の最初の数年間をアルゼンチンで過ごし、1905年から1922年まで、イタリアへ戻り同地で父と共に彫刻家として働き、その後独立する。1926年に、アルゼンチンのアーティストグループNexusの最初の展覧会に参加。1927年に再びイタリアへ戻り、1928年から1930年までAcademia di Breraの彫刻家Adolfo Wildtの元で学ぶ。その後10年は、イタリアとフランスを巡り、抽象表現主義の画家などと交流する。1935年には、パリのAbstraction Creation協会に参加し、1936年から1949年までは、セラミックとブロンズの表現主義の彫刻を制作。1939年には、ミラノの表現主義グループCorrenteに参加。1940年、アルゼンチンに戻りブレノスアイレスにて、Altamira Avademyを仲間と設立。ミラノに戻り、空間主義についてのマニフェストを作成。建築家と協力し、戦後の都市再建の取り組みの一環として建物の装飾に携わる。1948年には、最初の”Spatial Enviroment”を展示。翌年には、シリーズを制作。1951年には、ネオン管を用いら環境芸術作品を制作し、トリエンナーレの会場に設置。1966年には、第33回ベネチアビエンナーレで大賞を受賞。

本書は、2012年5月3日から6月30日まで、アメリカ・ニューヨークのGagosian Galleryにて開催された展覧会を機に刊行されました。アメリカで初めて開催されたフォンタナの展覧会Ambienti Spazialiでは、1948年から1968年の間に考案された多くの空間環境が紹介されました。アラン・カプローやロバート・アーウィン、ライトアートのダン・フレヴィン、ブルース・ナウマンなど以前の空間と環境におけるアートの先駆者とみなすことのできる作品です。書籍では、ドローイング、スケッチ、環境、彫刻、絵画など、展覧会と同様の作品を網羅し、300点以上の図版で紹介しています。

※こちらは、新古品となります。ダストカバーに背の下部にヤブレがある為、8200円→15%off6970円。

状態画像←クリック頂きますとご覧いただけます。

出版社:  Skira Editorial
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 416ページ
サイズ:  28 x 24 cm
状態:   新刊
その他:  図版317点

販売価格

6,970円(内税)

購入数



新入荷!