アレクサンダー・カルダー【Modern from the Start】

アレクサンダー・カルダー(Alexcander Calder 1898年-1976年)アメリカ合衆国・ペンシルベニア州の出身の彫刻家。代表作『カルダーのサーカス』と言われる、針金人形を使った一人で行うサーカス団のパフォーマンスは、前衛芸術家たちと知り合うきっかけや、針金彫刻など彼の人生に多方面から影響を与えた。モンドリアンの色彩に影響を受け原色を使った抽象彫刻や針金人形らの作品は、「キネティック・アート」「針金彫刻」と呼ばれる。作品『モビール』は、デュシャンが彼の動く彫刻に与えた名前である。1915年から1919年(途中に兵役)、ニュージャージ州のThe Stevens Institute of Thechnolosy in Hobokenにて機械工学を学ぶ。1926年、パリに移住し、Academie de la Grande Chaumiereにて学ぶ。

本書は、アレクサンダー・カルダーの初期のワイヤー彫刻から後期の抽象作品までをニューヨーク近代美術館(MoMA)と共に巡る一冊。カルダーの作品は、1930年にMoMAにて存命の彫刻家として初めて展示されました。その後、数十年を経て、カルダーと美術館の繋がりは、双方にとって有益なものとなっていきました。美術館の創設者Alfred H. Barr Jrや、1943年の大回顧展で協力したJames Johnson Sweeneyなど友情を育んでいます。
MoMAの初期の歴史に刻印されたカルダーの作品は、その素材と概念の革新だけでなく、画期的な展示を含めて、キュビズムと抽象芸術を継承するものです。


出版社:  The Museum of Modern Art, New York
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 144ページ
サイズ:  26.7 x 23 cm
状態:   新刊
その他:  カラー図版113点

販売価格

5,400円(内税)

SOLD OUT



新入荷!