フィリップ・ワイズベッカー【Joyo OH】

フィリップ・ワイズベッカー(Philippe Weisbecker 1942年 - )パリ、バルセロナを拠点にイラストレーター、芸術家として活動。フランス・パリにてインテリアデザインを学び、1986年には、アメリカ合衆国・ニューヨークに移り、建築会社にて製図工とし勤務。30歳より、イラストレーターとしてのキャリアを開始。Time MagazineやThe New Yorkerなどのメージャー誌で活動する。1990年代より、個人的な活動を積極的に行い、ギャラリーなどで作品を展示する。2006年には、フランスに戻る。ここ日本でも、多くの企業と広告の仕事を行い、また、JAGDA、東京ADCなどの賞を国内外で数多く受賞している。

フィリップ・ワイズベッカーは、絶え間なく描く主題の本質を探求しています。キッチンや通り、地元の金物屋の棚まで、最も普通の現実を写しながら、思いやりや謙虚さ、そして喜びを描きます。この鉄道の駅と小さな電気変圧器のシリーズと同様に常に邁進しています。「Joyo OH」は、魅力的な鉄道玩具を制作するスペインのメーカーの名前です。2019年に描かれたドローイングが、この書籍に掲載されています。

出版社:  Fotokino
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語、フランス語
ページ数: 20ページ
サイズ:  21 x 16 cm
状態:   新刊

販売価格

2,100円(内税)

購入数



新入荷!