フィリップ・ワイズベッカー【Le Service Shell A Travers Le Sahara】

フィリップ・ワイズベッカー(Philippe Weisbecker 1942年 - )パリ、バルセロナを拠点にイラストレーター、芸術家として活動。フランス・パリにてインテリアデザインを学び、1986年には、アメリカ合衆国・ニューヨークに移り、建築会社にて製図工とし勤務。30歳より、イラストレーターとしてのキャリアを開始。Time MagazineやThe New Yorkerなどのメージャー誌で活動する。1990年代より、個人的な活動を積極的に行い、ギャラリーなどで作品を展示する。2006年には、フランスに戻る。ここ日本でも、多くの企業と広告の仕事を行い、また、JAGDA、東京ADCなどの賞を国内外で数多く受賞している。

サハラ交易の輸送会社として、またはコンゴやルワンダの遠隔地に奉仕に派遣される医師として、1930年代にサハラ砂漠をバスで横断することを想像してみてください。
途中で、燃料が不足することや故障することを防ぐために、”Shell”(シェル:石油会社)を頼っていました。シェルは、数百キロごとに飲料水とガソリンスタンドを設置しました。これらは、”Automobile and Air Tourism”のガイドブックに記載されており、運転手らによって、宗教的に運ばれていました。このイラスト集は、友人から贈られた本のコピーを元にしています。彼は、もとのガイドブックに印刷されているトラック、燃料ポンプ、モスクその他の興味深い資料をイラストへと写しました。

出版社:  Fotokino
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語、フランス語
サイズ:  23 x 31 cm
状態:   新刊

販売価格

3,300円(内税)

購入数



新入荷!






人気書籍