ブルーノ・ムナーリ【Funari for Rodari Winding Signs, Skewed Marks, Stains, Colors and Scribbles】

ブルーノ・ムナーリ(Bruno Munari, 1907 - 1998)は、デザイン、絵画や彫刻、実験映像、絵本、美術教育など、多岐にわたる分野で活躍したイタリアのアーティスト。イタリア・ミラノで生まれた後、北イタリアの小さなコムーネで育った。1925年18歳の時ミラノへ戻り、イタリアの前衛芸術運動の一つである未来派の活動に参加。1930ー40年代はグラフィックデザイナー、アートディレクターとして雑誌の編集に関わる一方、幼い息子の為に仕掛け絵本を企画デザイン。1950年代からイタリアのダネーゼ社のためのプロダクトを数多くデザインし、その後も家具、照明器具などの工業製品のデザインを数多く残した。1958年、イタリアを訪れていた詩人・美術評論家の瀧口修造と知り合い、1965年に日本で個展を開催。以降しばしば日本を訪れ、日本の伝統的な美意識やデザインに影響を受ける。1967年アメリカ・ハーバード大学へ招かれ、デザインの講義を行い、以後デザイン教育の分野でも多くの著書を残す他、イタリア・ミラノのブレラ美術アカデミーなどで教鞭を執った。晩年はこどものための造形ワークショップ活動に力を注ぎ、イタリア各地、日本を含む国外でもワークショップを行っている。

イタリアの作家/ジャーナリストのジャンニ・ロダーリとムナーリは、いつも子供たちの世界に大きな注意を払い、イメージと言葉を自由にするという目的を共有し、発明、想像力、創造性の喜びを発見してきました。一見遠くにある、あるいは反対の要素をまとめ、予想外の解決策や組み合わせを考え出すことで、文字や記号に新しい意味を与えました。
本書は、ロダーリのほんから引用し、Antonio Faetiのコメント、Riccardo FalcilliとMarco Belplitiによる未発表のエッセイとそれに添えられたムナーリの挿絵、児童書のイラストの歴史から、より広い文脈で紹介したムナーリの絵を掲載しています。
落書きのような、ムナーリの可愛らしいイラストいっぱいの一冊。


出版社:  Corraini Edizioni
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語、イタリア語
ページ数: 200ページ
サイズ:  20 x 16 cm
状態:   新刊

販売価格

4,800円(内税)

購入数



新入荷!