エド・ルシェ【Course of Empire】

エド・ルシェ (Ed Ruscha 1937年 - )アメリカ合衆国ネブラスカ州出身の芸術家。
1960年代に抽象表現主義の学術的な意味合いを放棄し、代わりに広告の比喩表現に目を向け、形、承継、素材としての言葉を絵画に組み合わせる作品を制作。それは、絵画・写真・版画というジャンルにとどまらない一つの新しい表現。1956年にオクラホマシティからロサンゼルスに移り、The Chouinard Art Instituteにて学ぶ。フランツ・クラインやウィレム・デ・クーニングの影響を受けた絵画を制作。1957年、当時まだ無名であったジャスパー・ジョーンズの「Target with Four Faces」を目にします。ジョーンズの作品に強いインスピレーションを受けたルシェは、グラフィックと絵画に興味を持ち始め、最初のワードペインティングであるE.Ruscha(1959)を制作。1961年より商業広告や映画などから引用されたイメージと、文字とを組み合わせた絵画作品「Word Painting」シリーズの制作を始める。以降、現在まで制作が続けられており、ルシェの代表作と言えるシリーズとなる。また、1960年代に入ると最初のアーティストブックを手がける。『本』を作品とみなすこの行為は、コンセプチュアルアートといままでの平面的な写真の歴史に大きな影響を与え、1960年後半に見られたストレート・フォトグラフィーの枠組みにとらわれないものであった。1960から70年代にかけて、自費出版にて16冊のアーティストブックを出版します。モノクロ写真でガソリンスタンドを客観的に撮影した『26のガソリンスタンド』、大通りの両サイドの建物の連続写真を蛇腹式の本に収めた『サンセット大通りのすべての建物』など、本を作品とみなすこの行為は、写真表現のあり方に大きな影響を与えるものでした。
写真表現についてルシェは、「写真は表現手段として利用するだけで、私は写真家ではないんだ」という趣旨の発言をしており、ダン・グラハムやシンディ・シャーマン、ベッヒャー夫妻などと共にコンセプチュアル・フォトグラフィーの作家として紹介されることもあります。

本書は、2005年のヴェネチアビエンナーレの為に制作された10点の絵画とThomas Coleの5点の絵画の対話形式で展示されたインスタレーションを掲載しています。古代文明の興亡に関するThomas Coleの壮大な視点とは異なり、ルシェに作品は、1992年に制作された5点の白黒のロサンゼルスの風景と、10年後に出現した同じ場所をカラーで表現した絵画作品で構成され、見過ごしてしまうような細かな事柄に注目しています。進化する都市景観の変化は、経済とグロバーリゼーション、または衰退と停滞に満ちているようにも見えます。ルシェの捉えたロサンゼルスの風景とColeの古代文明、それぞれの異なる傑作の新鮮な視点をご覧いただけます。

出版社:  National Gallery, London
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 48ページ
サイズ:  25 x 31 cm
状態:   新品

販売価格

2,800円(内税)

購入数



新入荷!