ノア・デイビス【Noah Davis】

ノア・デイビス(Noah Davis 1983年 - 2015年)アメリカ合衆国・ワシントン州シアトル出身の芸術家。同国・ロサンゼルスにあるThe Undergroud Museumの創設者の一人でもある。(共同創設者は、妻のKaron Davis)フィギュラティヴな絵画作品は、一般の黒人系アメリカ人の日常から、静かで幻想的で孤独な風景を捉え、心に訴える瞬間を描いている。2015年に32歳の若さでこの世を去るまで、約400点の作品を制作。
17歳より絵を描き始め、自身のスタジオを持つ。卒業はしていないが、2001年から2004年までニューヨークのThe Cooper Union School of Art in New York Cityにて絵画を学ぶ。2004年にはロサンゼルスに移り、MOCAの書店に勤務する。2007年には、ロサンゼルスやニューヨークのグループ展/個展を開催する。The Rubell MuseumやNasher Museum of Art、The Los Angeles County Museumなどでも展示を行う。

本書は、2020年1月16日から2月22日にアメリカ・ニューヨークのDavid Zwirnerにて開催された展覧会を機に刊行されました。(この展示は、The Umderground Museumを巡回した)デイビス作品の重要な記録となるこのモノグラフは、彼の友人や協力者と共に素晴らしい芸術家と文化の物語を掲載しています。マルレーネ・デュマスやリュック・タイマンス、ケリー・ジェームズ・マーシャルやフェアフィールド・ポーター、マーク・ロスコなど歴史的な絵画の系譜にある代表的な画家への関心や、リアリズムの雰囲気を吹き込んだ魔法のような日常シーンを描いた絵画をご覧いただけます。彼の妻や、キュレーターHelen Molesworthらのインタビューも収録。

出版社:  David Zwirner
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 176ページ
サイズ:  31 x 25.5 cm
状態:   新刊

販売価格

7,500円(内税)

購入数



新入荷!