【Once There Were Polaroids】

ドイツ・ゲッティンゲンにある出版社Steidl(シュタイデル)は、世界中から称賛される出版社の一つです。2010年には、ドキュメンタリー映画「How to Make a Book with Steidl」(邦題:世界一美しい本を作る男)も上映されました。ここ日本でも、多くアートブックファンを魅了しています。

本書は、シュタイデル社にて2002年から2012年までグラフィックデザイナー/画像編集として従事したヨナス・ウェターが、クラッシックなスクエアフォーマットのポラロイドカメラSX-70のランドカメラとEE100シートフィルムカメラで撮影した、シュタイデル社の日常の風景、ユニークな瞬間をまとめた書籍。シュタイデル社のポートレートと言える写真集です。シュタイデルファンの方、クラシックカメラ好きの方へのプレゼントにもおすすめの一冊。

ヨナス・ウェター(Jonas Wettre)スウェーデン・ヨーテボリ出身のデザイナー/クリエイティブレタッチャー。ヨーテボリとストックホルムにて写真を学び、スウェーデン・バルスタのBiscop-Arno、ノルウェーのNational Academy of the Arts in Norway、アメリカ合衆国・タンパベイのThe University of South Floriad in Tampa Bayにて、プリントメイキングを行っていました。2002年から2012年までシュタイデル社にてグラフィックデザイナー/画像編集として勤務。現在は、スウェーデンを拠点に活動。


出版社:  Steidl
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 128ページ
サイズ:  29.7 x 23.3 cm
状態:   新刊
その他:  図版88点

販売価格

4,200円(内税)

購入数



新入荷!