ヴィム・ヴェンダース【Places, Strange and Quiet (ポストカード版)】

ヴィム・ヴェンダース(Wim Wenders, 1945年 - )ドイツ生まれの映画監督、作家、写真家。ニュー・ジャーマン・シネマが盛り上がりをみせた、1960年代後半に「 都市の夏」で映画監督としてデビュー。その後、「都会のアリス」('74)「さすらい」('76)などで人気を得、ロードムービーのスタイルは彼のトレードマークとなる。「パリ、テキサス」('84)でカンヌ国際映画祭パルムドール、「ベルリン・天使の詩」('87)でカンヌ国際映画祭監督賞を受賞。「東京画」('85)「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ 」('99)などのドキュメンタリー映画も多く手がけている。またウェンダースは、長年にわたり映画撮影やロケハンで世界各地を旅するなかで撮影した写真作品も多く発表している。

こちらは、「Place, Strange and Quiet」のポストカード版です。
「あなたが多くの旅をする時、そしてあなたがただ歩き回って道に迷うのが好きな時、きっと思いもよらない奇妙な場所に行き着くことができる….。わからないけど、それは奇妙で静かな場所とか。静かに奇妙な場所に誘導されるようなことが多い。ある種の何かのレーダーが内蔵されているかのようにね」
画家として、俳優として、作家として、そして最も成功した現代の映画製作者の一人であるヴィム・ヴェンダースは、1983年から2011年にかけて、世界の国々で大判写真のシリーズを撮りました。これは、その中から、印象的な外観や建物、そしてパノラマ写真を選び12枚のポストカードセットにしたものです。プレゼントとしても、1枚を手紙に添えるなど、誰かに送りたくなるセットです。

出版社:  Hatje Cantz
タイプ:  ポストカードセット
言語:   英語、ドイツ語
ページ数: 12枚
サイズ:  18.3 x 12.4 cm
状態:   新刊

販売価格

1,800円(内税)

購入数



新入荷!