ハインツ・マック【Mack. Sculpture (バイリンガル版)】

ハインツ・マック(Heinz Mack 1931年)ドイツ・ヘッセン州出身の芸術家。1957年ドイツ・デュッセルドルフを拠点に結成された「ZERO」の創設者の一人でもある。「light」をテーマとした彫刻と写真、絵画、ドローイング、墨絵などを制作。光を使用したレリーフとインスタレーションが最もよく知られている。また、パブリックスペースや教会家具、舞台装置、モザイクのデザインなども製作している。1950年代にデュッセルドルフ美術アカデミーで学び、1956年にケルン大学でも哲学の学位を取得。1959年と1964年にはドクメンタに参加。1970年の第35回ヴェネチアビエンナーレではドイツ館代表として参加。1958年のクレーフェルト市の芸術賞をはじめに数多くの芸術文化賞を受賞。現在までに約300以上の展覧会で展示を行なっている。現在は、メンヒェングラートバッハとイビサ在住。

本書は、2003年から2020年までに制作された彫刻作品を記録した一冊です。石碑、ローター、光の彫刻、公共スペースの記念碑的な作品など、過去20年の間のハインツ・マックの彫刻は、多様であると同時に包括的であり続けています。2014年にヴェネツィアで発表した「The Sky over Nine Columns」は、壮大な作品でした。豪華なカタログレゾネのような書籍です。
天然石、金属、木、石工、砂、ガラスなどの様々な素材とは別に、光の動きはマック彫刻にとって重要な特徴です。それは、晩年の作品で顕著に現れています。また過去20年間で、巨大なサイズの石を使用した彫刻への関心も確認することができます。

出版社:  Hirmer Verlag
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 464ページ
サイズ:  32 x 25 cm
状態:   新品
その他:  図版600点

販売価格

10,000円(内税)

購入数



新入荷!