ブルーノ・ムナーリ【In the Darkness of the Night】

ブルーノ・ムナーリ(Bruno Munari 1907年 - 1998年)デザイン、絵画や彫刻、実験映像、絵本、美術教育など、多岐にわたる分野で活躍したイタリアの芸術家。イタリア・ミラノで生まれ、北イタリアの小さなコムーネで育った。1925年18歳の時ミラノへ戻り、イタリアの前衛芸術運動の一つである未来派の活動に参加。1930ー40年代はグラフィックデザイナー、アートディレクターとして雑誌の編集に関わる一方、幼い息子の為に仕掛け絵本を企画デザイン。1950年代からイタリアのダネーゼ社のためのプロダクトを数多くデザインし、その後も家具、照明器具などの工業製品のデザインを数多く残した。1958年、イタリアを訪れていた詩人・美術評論家の瀧口修造と知り合い、1965年に日本で個展を開催。以降しばしば日本を訪れ、日本の伝統的な美意識やデザインに影響を受ける。1967年アメリカ・ハーバード大学へ招かれ、デザインの講義を行い、以後デザイン教育の分野でも多くの著書を残す他、イタリア・ミラノのブレラ美術アカデミーなどで教鞭を執った。晩年はこどものための造形ワークショップ活動に力を注ぎ、イタリア各地、日本を含む国外でもワークショップを行っている。

本書は、1956年にイタリアで最初に出版された絵本です。暗闇の中、牧草地を抜けて、神秘的な洞窟へ向かうなど、魅惑的な繋がりのある3つの物語が収録されています。OHPフィルムやコラージュ、切り絵などで制作されたイラストは、シンプルなキャラクターも含め魅力がいっぱいです。こちらは、2017年に新版として刊行された英語版です。プレゼントにもおすすめなマストハブな一冊。
(邦題「闇の夜に」)

出版社:  Princeton Architectural Press
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 60ページ
サイズ:  23.5 x 16.5 cm
状態:   新刊
その他:  カラー図版60点
刊行年:  2017年
ISBN:   9781616896300

販売価格

3,400円(内税)

購入数



新入荷!