杉本博司【Portrait】

杉本博司(Hiroshi Sugimoto 1948年 - )東京出身。日本を代表する写真家であり芸術家。現在は、東京及びニューヨークを拠点に活動。立教大学経済学部を卒業の後、1970年にアートセンター・カレッジ・オブ・デザイン(ロサンゼルス)にて、写真を学ぶ。その後、アシスタントを経て1975年に自身のスタジオを構え、1976年にニューヨーク近代美術館(MoMA)写真部門へ、最初のシリーズ「ジオラマ」の一枚を持ち込み、評価を得る。ニューヨーク州やグッゲンハイムの奨学金を得て、写真制作に没頭した後、生活の為に古美術商ギャラリー「MINGEI」を開業。「ジオラマ」「海景」「劇場」「ポートレート」「蝋人形」「陰翳礼讃」「建築」など多くの写真集を刊行。2009年には高松宮殿下記念世界文化賞を受賞。2013年にはフランス芸術文化勲章オフィシエを受章している。

イギリスのヘンリー8世のポートレート写真は、豪華な毛皮とシルクの感触、ダブレットの精巧な刺繍や煌めく宝石から放たれる輝く光を捉えています。そして王の輪郭は、非常にリアルで立体的でもあります。
21世紀の芸術家が、王室のポートレートを撮影するために約500年ほど過去に戻ったかのようです。歴史上の人物を撮影したものは、生前を写したかのようですが、それらは全てフィクションです。これらは、蝋人形を撮影したものですが、蝋人形はポートレート写真や肖像画を参考に、彫刻家によって制作されたものです。ですので、少なくとも2回は本当の被写体からは距離があります。背景に用いられた黒は、視覚情報の少なく、幻想的な感覚を誇張しています。
たのポートレートはフォトジャーナリズムのようです。ナポレオンの死の底にいるウェリントン公爵の写真は、蝋人形館で撮影されたものです。
蝋人形のポートレート写真からは何を感じますか?時間と歴史を遡り、私たちは何を真実と見るのか。ハンス・ホルベインの描いたヘンリー8世の肖像画と杉本博司が撮った蝋人形写真、そして、生前に撮影された写真。時間、歴史、そして真実について私たちはどう認識するのでしょうか。

出版社:  Damiani
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 120ページ
サイズ:   27.8 x 25.2 cm
状態:   新古品
その他:  図版70点

販売価格

4,200円(内税)

購入数



新入荷!