ヨーゼフ・ボイス【Joseph Beuys Posters】

ヨーゼフ・ボイス(Joseph Beuys 1921年 - 1986年)旧西ドイツ出身の芸術家。独自の理論に基づく彫刻、インスタレーション、ドローイングなどの作品を制作、1960年代に現代アート・グループである『フルクサス』と接触してからは、アクションと呼ばれるパフォーマンス作品を数多く発表した。70年代以降は、アンディ・ウォーホルと並ぶ現代アート界のスーパースターとして注目されただけでなく、「社会彫刻」という概念のもと、「国際自由大学」の設立、「緑の党」への関与などアートの領域を社会活動にまで広げ、その活動は常に賛否両論を巻き起こした。また、デュッセルドルフ芸術アカデミーのボイスの教室からは、ゲルハルト・リヒター、ジグマー・ポルケ、アンゼルム・キーファーなど、後のドイツ美術を代表するアーティストが生まれた他、現在のアーティストにも多大な影響を与えている。

弊店の【Specials:Joseph Beuys/ヨーゼフ・ボイス】でもご紹介しております。

戦後のドイツの最も重要な芸術家の一人であるヨーゼフ・ボイスは、彫刻、パフォーマンス、アクティビスム、そして教育者として知られており、多くの若い世代の芸術家に影響を与え、芸術とは何かという概念を広げています。ボイスの芸術には、野心的な目標がありました。それは、西洋文化をより平和で民主的な創造の場所を創ることでした。彼は、誰もが芸術家であり、芸術と人生を分けて見られるべきではないと考えました。
本書は、彼の全作品から前衛芸術家のポスターを全てまとめています。初期のポスターは、よく彼のパフォーマンスの展示を告知していますが、後期では、創設した「緑の党」に関するものや、哲学的政治的な意見を表明したものなどがあります。最も重要なポスター、ボイスの影響について論述されたエッセイ、広範な伝記、そしてボイス自身の下で指示されたポスターなどが掲載され、約280点の図版で紹介。ボイスの信念をポスターというグラフィックデザインから見るような一冊。

出版社:  Prestel
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 256ページ
サイズ:  30.7 x 24.4 cm
状態:   新刊
その他:  図版288点
刊行年:  2021年
ISBN:   9783791387000

販売価格

7,300円(内税)

購入数



新入荷!