スティーブン・ショア【Survivors in Ukraine】

スティーブン・ショア(Stephen Shore 1947年 - )アメリカを代表する写真家。幼少期よりカメラを使用し、14歳でニューヨーク近代美術館にコレクションされている。10代の頃にアンディー・ウォーホールのFactoryに出入りし刺激を受けると共に、アーティストやウォーホルを取り巻く人々を写真に収め、1971年にはメトロポリタン美術館にて個展を行った(故人を除く)最初の写真家となる。その後、全米を旅しながら、ノスタルジーを感じさせるアメリカ特有の風景を収めたフォト・ダイヤリー『America Surfaces』を制作。
それまで、写真作品としては認められていなかったカラー写真を作品制作に使用したことから、ウィリアム・エグルストン等と共に『ニュ・カラー・フォトグラフィー』の作家と呼ばれ高い評価を得た。以降も、大判カメラによる緻密な描写と大きなプリントを特徴とする風景写真の制作を続け、現在活躍中のアンドレアス・グルスキーやトーマス・シュトゥルートなど多くのアーティストに大きな影響を与えている。1999年ドイツでの『America Surfaces』展や、2003年イギリス、テート・モダンでの『Cruel and Tender』展など数多くの作品展を行い、世界中の美術館にてコレクションされている。

ショアは、政治的激変の直前であった2012年と2013年に再びウクライナを旅行し、35人のホロコースト生存者を訪問しました。そのほとんどは女性です。生存者とその家のポートレートの中で、ありふれた日常の細部を通して彼らの集合的な経験を視覚的に探求し、見るものへホロコーストの歴史をどのように知らせるかについての疑問を残します。本書に収められている200枚のデジタルカラー写真は、彼独自の感情的でないカラー写真のスタイルを維持しながら、個人および集合的な経験の親密なポートレートを作成するように編成されています。
ショア自身が歴史的な出来事の目撃者として「関係をもつ」写真家として、ウクライナのホロコースト生存者の回復力と希望を際立たせる、心に残る写真作品集となっています。
また、ユダヤ人に重点を置き、ウクライナの近代史の生存者の物語である『The New Yorker's Letter from Europe』を執筆する Jane Kramerによるエッセイを収録。


出版社:  Phaidon
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 136ページ
図版:   175点
サイズ:  29 x 22 cm
状態:   新刊
刊行年:  2015年
ISBN:   9780714869506

販売価格

6,800円(内税)

購入数



新入荷!